浮気調査で証拠になるものとは
浮気調査で手に入る証拠 夫が浮気をしているのではと疑ったら、まずは自分で浮気調査をしたくなります。
とは言っても自宅にいるのでは中々証拠は掴みにくくなります。
浮気調査をする場合に、裁判で決定的にする為にどの様な証拠を集めれば良いのでしょうか。

・画像・ビデオ
浮気の証拠として最も有力なのはやはり画像やビデオ映像です。
但し、ただ夫が他の女性と一緒にいるだけでは、手を繋いだり肩を抱いたりしても証拠は不十分です。
浮気を立証するには、「性行為を確認、或いは推認できる証拠」が必要なのです。
それを考えた場合、画像やビデオに収める場合にはラブホテルに出入りする瞬間が最も有効です。
調停や裁判では写真のみが採用されますので、ビデオから画像に落としておきましょう。
デジカメ撮影の場合、合成が可能ですので証拠としてはやや弱くなります。
デジカメ映像を証拠として提出したい場合には、日付入りにして、複数回以上の現場を連写すると認められるケースもあります。

・録音テープ
夫が浮気を認める内容の発言を、録音テープに収められれば浮気の証拠として認められます。
但し夫の電話の通話内容を盗聴して録音した場合、人権侵害として採用して貰えません。
調停や裁判では、録音テープの内容は文書に起こしておく必要があります。

・メール・LINE
最近ではメールやLINEから夫の浮気に気付く妻が増えています。
しかし夫の携帯に浮気メールが保存されていても、それを画像に撮って証拠にすることはできません。
浮気の証拠はあくまで「性行為を確認、或いは推認できる証拠」であり、メールの文書では不十分なのです。
更に文章は人によって解釈が変わるので、証拠と言うよりは参考資料程度になります。
但し、夫が先に浮気の事実を認めていて、その上でメールやLINEがあれば裏付け証拠となります。


浮気の証拠を押さえようと思っても、尾行や誘導尋問など素人には中々難しいものです。
確実に証拠を掴みたいと思ったら、探偵事務所に相談するのがおすすめです。

裁判でも利用できる浮気の証拠とは?
裁判でも浮気の証拠が重要視されています。浮気が原因の離婚裁判で集めておきたい浮気の証拠とは。